眠る不動産で稼ぐ NTT、電話局など

2019/7/8 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTグループが膨大な不動産資産の有効活用に本腰を入れる。不動産部門を再編し、中核会社としてNTTアーバンソリューションズ(東京・千代田)を7月1日に発足。2025年までに最大1兆5千億円を投じ、電話局など約8500拠点の活用法を探る。眠れる不動産で稼ぐ体制を目指す背景には、利益の6割をNTTドコモに頼る現状への危機感もある。

NTTは1日付で、持ち株会社の完全子会社としてNTTアーバンソリュー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]