/

ライチョウが自然ふ化 人工繁殖事業で初

富山市ファミリーパークは5日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウのひな8羽が自然ふ化したと発表した。環境省によると、同省などが2014年から計画を策定して取り組む人工繁殖事業で、自然ふ化したのは初めて。

富山市ファミリーパークで誕生したニホンライチョウのひな。左は母鳥(4日)=同パーク提供・共同

富山市によると、8羽は飼育中の雌が5月28日から6月12日にかけて産卵した10個の卵からふ化した。うち1羽は間もなく死んだ。7羽の体長はいずれも約6.5センチ。今後は母鳥がひなを育てるのを見守るという。

パークでは17年以降、飼育する雌が産んだ卵をふ卵器でふ化させる人工ふ化に2年連続で成功していた。18年には卵を母鳥が温める抱卵による自然ふ化を試みたが、ふ化しなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン