/

この記事は会員限定です

永平寺門前が刷新 宿泊施設開業へ インバウンド誘客に期待

ウエーブ福井

[有料会員限定]

福井県、永平寺町、曹洞宗大本山永平寺が進めてきた「永平寺門前の再構築プロジェクト」が近く完成する。参道や河川の整備に続き、26日には宿泊施設がオープンする。「禅」で知られる永平寺の誘客環境が整うことで、県全体の観光活性化、特に全国46位に低迷するインバウンド(訪日外国人)拡大の契機になると期待されている。

仏殿、法堂、山門など19の建物が国の重要文化財に指定されることが決まっている永平寺。その境内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1746文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン