リオ五輪招致買収認める 元州知事、関係者で初

2019/7/5 12:01
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=共同】2016年リオデジャネイロ五輪招致を巡る国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収疑惑で、リオデジャネイロ州の元知事カブラル被告(別の汚職事件で服役中)が4日、計200万ドル(約2億1千万円)の賄賂を支払ったと担当判事に証言した。関係者が疑惑を認めたのは初めて。ブラジルのメディアが伝えた。

カブラル被告によると、同じく起訴されたブラジル・オリンピック委員会の前会長ヌズマン被告…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]