/

山本舞香 引きこもりの楽しみは重低音のスピーカー

テレビは重低音の迫力にこだわるという山本舞香さんが選んだスピーカーは…

「三井のリハウス」「JR SKISKI」などのCMで注目を集め、今年は映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』でヒロインの霧嶋董香(トーカ)役を務めている女優の山本舞香さん。「嘘はつかない」「迷わない」というまっすぐな性格の彼女が、愛用するスピーカーや家電、家具などについて語る。

部屋で映画や音楽を満喫できる、ボーズの「サウンドバー」

「私、部屋で過ごすのが好きなんですよ。引きこもりなんで(笑)。だから、どれだけ部屋の生活を充実させられるかをいつも考えています。

半年くらい前かな、BOSE(ボーズ)の『サウンドバー』っていうスピーカーを買ったんですよ。テレビの前に置くと音に迫力が出て、Bluetoothでスマホとつなげば音楽も聴けるっていうもの。それを最近はフル活用してますね。

BOSEにしたのは、重低音に強いから。前にイヤホンを買ったときに、いろんなメーカーの音を聴き比べたことがあるんですよ。ビーツとかも音はいいんですけど、BOSEは重低音が響いて、高音も透き通るというか……それで自分に合うなと思っていたので、今回もBOSEにしました。どこに買いに行ったか? Amazonです(笑)。

サウンドバーの好きなところは、どこにいても良い音が聴けるところ。テレビの前から音が出てるのに、前後左右、いろんなところから音が聞こえてくるのも面白いです。もう普通のテレビの音は聴けない(笑)」

ビーム状に音を放ち、壁や天井に反射させることで、スピーカーがない場所からも音が聞こえるよう設計されているサウンドバー。高さ約5cm、奥行き約10cmとスリムな細長ボディーで、手軽に部屋をホームシアターにできる。

「私、よくNetflixで映画を見るんですよ。それもあって、テレビは重低音の迫力にこだわっていて。映画は、海外のものが多いです。吹き替えじゃなく、字幕で見るのが好き。本人の声で見られるっていうのがいいんですよね。今は、Netflixオリジナルの映画『バード・ボックス』(サンドラ・ブロック主演)に感動して、ちょっと引きずってます(笑)。海外ドラマも好きで、最近は『ゴシップガール』を第1話から見直してます。海外のものは挿入歌とかも含めて、音楽がカッコいいところも好きなところです。

音楽でよく聴くのは洋楽かな。アーティストでは、『See You Again』のウィズ・カリファが好き。聴くとテンションが上がります。日本人だと平井大さんとか。『夏!』って感じの曲も聴きますし、静か~な曲も聴きますね。

そういえば最近『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』という映画に出演させていただいて、『ファイナルファンタジー』をやってみたくなったんですよ。それでPlayStation4を買って、Nintendo Switchも買ったんですけど、まだ箱を開けてなくて。ゲームも、スピーカーをつなげて遊んだら迫力がすごくて楽しいだろうなと思ってます」

1年半前に引っ越して、家具を全部買い替えたという山本さん。「ソファとダイニングテーブルはこだわって買いました。でも、ソファはもう買い替えたいです。飼っている犬がカリカリするから、毛玉ができちゃってるんですよ」

「山本舞香」を注入して新たなヒロイン像を

7月19日公開の出演映画は、人気マンガを実写化した『東京喰種 トーキョーグール』(17年)の続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』。山本さんはこの続編から参加し、人を喰らわないと生きられない喰種(グール)の女子高生・トーカを演じている。

「オファーを受けたときは、『まじか!?』と思いました。めちゃめちゃ人気なマンガとお聞きしたので、うれしい半面、『私がやっていいのか』と。不安なことは顔合わせのとき、正直にみなさんに言いましたね。『前作を超える自信は、今はないです。トーカもつかめていません。できるかわからないですけど、私なりにやってみます』って。

演じるにあたって意識したことは、私の色をトーカに入れること。私の声の低さやしぐさ、動き方……いろんな面で山本舞香をトーカに入れたいと考えていて。例えばアクションシーンには、私が習っていた空手の構えを入れたりもしています」

アクションシーンには、山本さんが習っていた空手の構えが入っている(C)2019「東京喰種【S】」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

空手の黒帯を持っているという山本さん。見どころは、クライマックスのバトルシーンだ。スピード感あふれる激しいアクションと、強い目の力が印象的。実はこのシーン、監督と「バトル」しながら作り上げたものだという。

「マンガって、みなさんの想像力で、キャラクターを動かしながら読むじゃないですか。だから実写になって、『トーカ、全然、違うじゃん!』と言われる不安もありました」

「私は目の演技が重要だと思ってたんですけど、監督はセリフで伝えようとしていて。だから『このセリフは絶対いらない』『トーカなら、こういうセリフは言わないでしょ?』と監督に意見をぶつけて、現場から飛び出したこともありました。『負けたくない』っていう気持ちもありましたね。お芝居に関しては私も自分の意志を曲げたくなくて……。

助けてくださったのは、主演の窪田(正孝)さんと、(月山習役の松田)翔太さん。窪田さんは現場で『舞香が思うようにやるといいよ』と言ってくださって、翔太さんは続編から一緒に参加したので心強かったですね。

窪田さんとはこの間、一緒に試写を見たんですよ。見終わった後に、窪田さんから『がんばったね』と言われたときは、泣きそうになりました。翔太さんは本当に月山のような生活をしてるんじゃないかと思うぐらいリアルで、『負けた!』と思いました。先輩ですけど、すごく悔しかった!(笑)」

山本さんが苦手なモノ、それはマンガ。「『東京喰種』のオファーをいただいて、『原作を読みます』と言ったんですけど、読み方がわからなくて(笑)。マンガって、どうコマを読んでいけばいいのか、順番がわからなくないですか?結局、Netflixでアニメ版を見て勉強しました(笑)」

「買いたい」と思ったら買っちゃう。迷いません。

誰にもこびることなく、気持ち良いほど率直な気持ちを語る山本さん。そのキャラクターが支持され、「王様のブランチ」などのバラエティー番組でも人気を得ている。

「普通、言わないですよね? 共演者に対して『悔しかった!』とか(笑)。でも、嘘ついてまでやる仕事じゃないと思っているから、私は嘘つかないです。買い物もそうです。そのとき、自分が『買いたい』と思ったら買っちゃう。迷いません。

最近買ったのは、バルミューダのトースター。パンを焼く前に水をちょっと入れると、外はカリっと、中はモチッとして焼き上がるんですよ。いいですよね。

あと、今欲しいのは空気清浄機。この間『浜ちゃんが!』という番組に出させていただいたときに、浜田(雅功)さんがオススメしてくださったんですよ。けっこう高いんですけど、めちゃくちゃ空気がきれいになるらしくて、今、狙ってます。人から薦められると、買いたくなっちゃうんだなあ。

あと、今買おうとしてるのはスクリーン。テレビじゃなく、もっと大きなスクリーンで映画を見たい。ますます引きこもりになりそうですけど(笑)」

最も欲しいのは、居心地の良い、オシャレな「お部屋」。

「いつかもっと広くて、デザイナーズマンションみたいな、めちゃくちゃオシャレなところに住みたい(笑)。

買い物も部屋も、どんどん良いものが欲しくなるんですよね。ちょっとはガマンして貯金しないと、ホントやばいです(笑)」

「完成した映画は、グロいなと思うところもあるけど、人間と喰種のドラマがしっかり描かれているので見応えがあると思います。見どころはやっぱり、ラスト20分のバトルシーン。けっこう話し合いもしたし、時間をかけて撮ってますからね。約1時間半の見やすい映画になっていると思うので、是非、劇場でご覧ください」
山本舞香
1997年生まれ、鳥取県出身。2011年に14代目リハウスガールに選ばれ、ファッション誌「nicola」の専属モデルとなる。また同年のドラマ『それでも、生きてゆく』で女優デビュー。2015年にはJR東日本の「JR SKISKI」のCMに抜てきされて注目を集めた。以降の主な出演映画に「ひるなかの流星」(17年)、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(18年)など。ドラマに「SR サイタマノラッパー~マイクの細道~」(17年)、「チア☆ダン」(18年)などがある。19年はドラマ「遊戯みたいにいかない。」「スカム」などに出演。

東京喰種 トーキョーグール【S】

(C)2019「東京喰種【S】」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない喰種と人間のハーフ【半喰種】になったカネキは、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカたちと生活していた。そんな中、カネキの前に美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪な喰種・月山が現れ─。監督・川崎拓也、平牧和彦 出演・窪田正孝、山本舞香、鈴木伸之、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、森七菜、桜田ひより、村井國夫/知英、マギー、ダンカン、柳俊太郎、坂東巳之助/松田翔太 7月19日全国ロードショー

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン