2019年8月18日(日)

5月の消費支出4%増、4年ぶりの伸び 大型連休効果

2019/7/5 10:19
保存
共有
印刷
その他

総務省が5日発表した5月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は1世帯あたり30万901円だった。物価変動の影響を除いた実質で前年同月比4.0%増え、2015年5月(4.8%)以来4年ぶりの高い伸び率となった。改元に伴う大型連休で宿泊や交通、外食など幅広い分野で支出が増えた。総務省は消費支出の基調判断を「持ち直している」に上方修正した。

実質消費支出の増加は6カ月連続となり、5月の伸びはQUICKがまとめた市場予想の中央値(1.5%増)を上回った。季節調整した前月比でも5.5%増えた。

消費支出の内訳をみると「教養娯楽」が前年同月から5.2%増え、全体を押し上げた。航空運賃を含む「交通・通信」は2.0%増。4月末からの大型連休で旅行関連の支出が急増した。

「食料」は0.9%増だった。外食が増えたのに加え、5月後半に気温が高まり、アイスクリームや飲料の購入が増えた。暑さに伴う支出はエアコンや夏物衣料にも及び、消費支出が大きく増える一因となった。

総務省はこれまで消費支出の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」としてきた。支出の増加が続き、5月の伸び率が大きく拡大したことから、4カ月ぶりに基調判断を引き上げた。10月には消費増税が予定されるが「今のところ駆け込み消費の動きは特段見られない」(総務省)という。

2人以上の勤労者世帯の実収入は、1世帯あたり45万7376円だった。前年同月から実質0.2%減り、7カ月ぶりにマイナスに転じた。総務省は「大型連休で労働時間が減った影響」とみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。