2019年9月16日(月)

シャープ、関西2拠点閉鎖 AI家電開発で技術者集約

2019/7/5 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

平野事業所ではかつて冷蔵庫や洗濯機、白黒テレビの生産を手がけ、シャープが総合家電メーカーへと飛躍する礎となった(大阪市)

平野事業所ではかつて冷蔵庫や洗濯機、白黒テレビの生産を手がけ、シャープが総合家電メーカーへと飛躍する礎となった(大阪市)

シャープは2020年度にも葛城事業所(奈良県葛城市)と平野事業所(大阪市)を閉鎖し、八尾事業所(大阪府八尾市)に集約する方針を決めた。人工知能(AI)など次世代技術を含めた家電製品の研究開発機能を持つ八尾事業所に技術者を集め、分野を超えて連携し、新技術の開発を目指す。人員は削減しないが、拠点集約で間接費を減らす狙いもある。

【関連記事】シャープ、創業期のレガシー「平野事業所」を閉鎖へ

国内に13ある主力事業所の一つである葛城事業所は1981年に太陽電池などの工場として稼働した。現在、太陽光発電や蓄電池などエネルギーシステム関連の技術者ら100人強が所属する。八尾事業所では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。