12年前の後悔、闘志に変え 自民党の安倍晋三総裁
党首走る

2019/7/5 15:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「12年前、私が総裁を務めていた時に自民党は惨敗した」。安倍晋三首相(自民党総裁)は4日、福島市内の果樹園で演説し、こう語った。同じフレーズは選挙前に開いた各種会合や党内の派閥パーティーでも口にしてきた。4日の公示日の第一声でも「悔やんでも悔やみきれない。あの時代に逆戻りするわけにはいかない」と強調した。

2007年7月の参院選。年金記録漏れに加え、地域格差への不満が噴出した。閣僚の不適切な発言…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]