/

この記事は会員限定です

東京学芸大、クラウドファンディングで教職の魅力PR

[有料会員限定]

教師の志願者が減少する中、東京学芸大学はクラウドファンディングで資金を集め、「『教師』の魅力発信プロジェクト」を始めた。出口利定学長に寄稿してもらった。

まずグラフをご覧いただきたい。文部科学省が公表している1998年度から2018年度までの公立小学校教員採用試験(18年度は都道府県・政令指定都市など68自治体)における受験者数、採用者数、受験倍率の推移である。

目につくのは受験倍率がピークの00...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン