野党、消える政党色 自民は「イージス」を警戒
参院選ルポ・試される野党共闘(1)秋田

2019/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選が4日公示され、与野党の選挙戦が始まった。野党は様々な確執を乗り越え、力を結集できるのか。与党はどう迎え撃つのか。激戦区での戦いを追った。

4日午前、秋田市内。野党統一候補の寺田静が選挙事務所前で、約200人の支援者を前に訴えた。「課題の一つ一つに手をさしのべていける優しい社会をつくりたい」。自民党や安倍政権への批判、野党共闘に関する言及はなかった。会場には立憲民主、国民民主、共産、社民4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]