/

この記事は会員限定です

衛星から人や交通を観察 QPS研などデータ利用許可取得

[有料会員限定]

小型衛星を開発するスタートアップ企業、QPS研究所(福岡市)とシステム開発のFusic(フュージック、同)は、衛星の地表観測データを扱うための国の許可・認定を取得した。QPSは地表を観察する衛星を開発、フュージックはデータを保存するシステムを担う。条件が整えば、今秋にも衛星を打ち上げる計画。衛星から人や交通の流れを観察し、画像データとして販売を目指す。

国は2017年、高精度の観測データがテロなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン