ドンキ運営のPPIH、香港に進出 7月に1号店

2019/7/4 19:54
保存
共有
印刷
その他

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は4日、香港に進出すると発表した。アジア圏向け業態「ドンドンドンキ」の1号店を12日に開く。アジアでは6店目、米国を含めた海外全体では44店目となる。1号店を足がかりとし、香港でも多店舗化を検討する。

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが香港1号店「DONDONDONKIミラプレイス2」を12日に開店する(写真はシンガポールの店舗)

香港の繁華街、尖沙咀(チムサーチョイ)にある商業施設「ミラプレイス2」の地下1階に出店する。店は地下鉄の最寄り駅から徒歩3分の場所に立地し、24時間営業する。売り場面積は約1420平方メートル。

日本産が中心の鮮魚や精肉などの生鮮食品、菓子類、酒類、焼き芋などの軽食をそろえる。同地域は観光地のため、化粧品や雑貨も並べて観光客の需要も取り込む。

PPIHは17年12月にシンガポールに初出店し、現在4店舗を展開。2月にはタイに進出し、米国でも38店舗を置く。同社はアジアと米国でそれぞれ店舗数を100店規模まで引き上げ、海外売上高を全体の3割程度まで引き上げる目標を掲げる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]