2019年9月23日(月)

ブロックチェーンで発電所と店舗をつなぐ 恋する豚研究所、新たなシステム導入

2019/7/4 20:30
保存
共有
印刷
その他

恋する豚研究所(千葉県香取市)は、直営のレストランと千葉県内の発電所をブロックチェーンでつなぐ取り組みを始めた。店舗で使う電力が千葉県で発電されていると示すことで、同社の目指す「地域で経済が回る仕組み」(飯田大輔社長)の実現につなげる。

新電力のみんな電力(東京・世田谷)が提供する、ブロックチェーンを使った電力流通管理システムを活用する。再生エネルギーのコンサルティングを手がける千葉エコ・エネルギー(千葉市)が匝瑳市に設置している太陽光発電所から、既存の直営レストランの隣に今春開業したレストラン「恋する豚研究所 スチームハンバーグ」に電力を供給する。同システムを使えば、どの発電所から電気が届いているのかを可視化でき、エネルギーの地産地消につなげることができる。

同社グループの社会福祉法人、福祉楽団(千葉市)が運営する特別養護老人ホームなど6施設でも、同様のブロックチェーンを活用したシステムを導入した。同法人によると、社会福祉施設で同システムを導入するのは国内でも初めてという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。