栃木のイチゴなど海外宅配 県が消費促進事業

2019/7/4 19:41
保存
共有
印刷
その他

栃木県はイチゴなど県産農産物の海外販路開拓に向け、宅配や土産物の形で海外消費を促進させる事業を始める。JTBと連携して収穫した農産物を海外の消費者の自宅に直送したり、帰国する観光客に空港受け渡しで持ち帰ってもらったりする。海外の消費者や訪日客に県産農産物の魅力を直接アピールし、輸出拡大につなげる。

品目はイチゴやトマト、ナシなど、輸出先はシンガポールやマレーシア、香港などを想定している。生産者はJTBが運営する農産物の海外宅配サイトに商品情報を登録し、JTBはサイトの注文に応じて海外に宅配したり、訪日客の帰国にあわせて日本の空港に送ったりする。

サイトへの登録は無料で、商品は事前に取り決めた数量をJTBが全て買い取り配送する。栃木県内の観光農園の情報を海外に発信し、イチゴ狩りなども予約できるようにする。

8月1日に事業説明会を栃木県庁北別館(宇都宮市)で開き、利用希望者を募る。説明会の参加申し込みは7月25日までで、県内の農業振興事務所宛てのファクスなどで申し込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]