2019年8月20日(火)

はちのへワイナリー、醸造工場が完成 シードルも生産へ

2019/7/4 19:21
保存
共有
印刷
その他

青森県八戸市のワイン産業創出プロジェクトを担う一社、はちのへワイナリー(同市)が建設していた醸造工場が6月末に完成、2019年内にも新工場で醸造したワインが出荷される。ワインのほか、新たにシードルの生産も計画している。

はちのへワイナリーの醸造設備

竣工式典。八戸市の小林真市長や融資した金融機関の代表らが駆けつけた(6月26日、八戸市南郷地区のはちのへワイナリー)

工場は鉄骨2階建て、延べ床面積は約310平方メートル。生産能力は年間約4万~5万本(750ミリリットル瓶換算)で、投資額は約1億6千万円。日本政策金融公庫やみちのく銀行など5金融機関が協調融資した。醸造用ブドウは醸造工場がある八戸市南郷地区で関連会社が栽培する。

まず北東北でナンバーワンのワイナリーを目指し、中国への輸出も計画している。

八戸市南郷地区は葉タバコ生産が盛んだったが、需要が減少。市は新たな基幹産業の創出を目指して14年から「八戸ワイン産業創出プロジェクト」をスタート。同地区に約3万8千本のブドウを植え、醸造会社として、はちのへワイナリーと沢内醸造(八戸市)を選定した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。