中国と対決する米のジレンマ 呉軍華氏
日本総合研究所理事

2019/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貿易協議を巡る米中の攻防がどうやら中国ペースになってきた。6月29日に開かれた米国のトランプ大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の会談で、米国産農産品の輸入拡大という中国側の条件と、制裁関税第4弾の発動見送りと華為技術(ファーウェイ)への部品供給許可という米国側の条件が折り合い、両国は貿易協議の再開に合意したといわれる。事実なら、交渉の主導権を握ったのは中国とみてよかろう。

周知の通り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]