/

この記事は会員限定です

贈与税、1年目は400億円猶予 新事業承継税制に効果

[有料会員限定]

中小企業の代替わりを後押しする目的で2018年4月から始まった新たな事業承継税制によって、スタート1年目となる18年分の贈与税の支払いが約400億円猶予されたことがわかった。旧制度の17年の利用実績の4倍弱に増えており一定の改革効果がみられる。

中小企業の経営者が子どもなどに会社を承継しようとすると、生前なら贈与税、死後だと相続税がかかる。事業承継税制はこうした税金が払えずに廃業に追い込まれるのを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン