贈与税、1年目は400億円猶予 新事業承継税制に効果

2019/7/5 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業の代替わりを後押しする目的で2018年4月から始まった新たな事業承継税制によって、スタート1年目となる18年分の贈与税の支払いが約400億円猶予されたことがわかった。旧制度の17年の利用実績の4倍弱に増えており一定の改革効果がみられる。

中小企業の経営者が子どもなどに会社を承継しようとすると、生前なら贈与税、死後だと相続税がかかる。事業承継税制はこうした税金が払えずに廃業に追い込まれるの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]