候補者の女性比率最高 野党は多様性、与党は組織戦

参院選2019
2019/7/4 18:30 (2019/7/4 23:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選が4日公示され、370人の立候補者が出そろった。女性の候補者は104人で全体の28.1%を占め、戦後25回の参院選で過去最高となった。野党は労働組合候補に加えタレント、社会活動家など幅広い分野を集め、浮動票の取り込みを狙う。与党は地方議員や各種団体の組織内候補ら中心に固めた。平均年齢や新人比率でも各党の特徴が出た。

男女の候補者数を均等にするよう政党に促す「政治分野における男女共同参画推進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]