/

この記事は会員限定です

景気実感 指標とつながり薄く

読み解き変調景気(下)

[有料会員限定]

「実感なき景気回復」。2012年12月から始まった6年半にも及ぶ現在の景気回復は、エコノミストの間でこう呼ばれている。過去の景気回復期に比べて成長率は低く、家計が自由に使えるお金を示す可処分所得の伸びも鈍いためだ。実際に消費者への各種アンケート調査をみても、実感がないとの回答が目立つ。

景気の「回復」や「後退」は生産や個人消費などの指標が上向きか下向きかで判断するが、上向きだからといって必ずしも人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン