JCI、AI使い働き方改革 空調の遠隔監視など

2019/7/4 17:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ジョンソンコントロールズ(東京・渋谷)は人工知能(AI)を使った空調向け不具合検知システムの導入で「働き方改革」を進める。遠隔監視できるサービスにより、空調機器のメンテナンスにかかる作業員の負担を減らせる。事務系業務についても標準化を推進する組織を設けた。日本発のノウハウとして、アジア地域への展開も検討する。

AIを活用することで、天井に設置されている空調機器のメンテナンスを、作業員の負荷を掛け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]