脳型コンピューター、自ら判断
NextTech2030

2019/7/5 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人間の脳は自ら学んで判断し、様々な問題を解決できる点で優れる。しかも人工知能(AI)のように大量のデータを学習せずに済む。この特長を人工的に実現しようと、情報通信研究機構は人間の脳をコンピューターで再現する研究に取り組む。プログラムで脳の働きのモデルを2030年以降に作る計画で、将来は自ら考えて行動するコンピューターやロボットが実用化される可能性がある。

現在のAIは画像などのデータを学習し、例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]