2019年9月18日(水)

シャープ、トヨタと太陽光パネルで電動車公道実験

2019/7/4 15:42
保存
共有
印刷
その他

シャープは4日、トヨタ自動車や新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と組み、高効率な太陽電池セルを使った電動車の公道実験を7月下旬から始めると発表した。実用化すれば電動車両の航続距離や燃費の大幅な向上につながるとみて、太陽光パネルの新たな市場開拓を目指す。

CO2排出量の削減に向けた新たな太陽光パネルの用途を探る

実験期間は2020年2月末までの約半年で、愛知県豊田市と東京都内の一般道や高速道で走行する予定。太陽電池セルにはシャープ製の「化合物3接合型」と呼ぶタイプを使う。同タイプの変換効率は34%以上と、同社によると世界最高水準だという。

実験車両にはトヨタのプラグインハイブリッド車(PHV)である「プリウスPHV」を採用する。車両のルーフ、ボンネット、バックドア部分に太陽光セルを車載用に組み立てたパネルを搭載する。

実証車の駐車時の駆動用バッテリーへの最大充電電力量はEV航続距離換算で44.5キロメートル相当になると試算。プリウスPHVの市販モデルに比べて約7倍になるとみている。

(千葉大史)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。