2019年8月26日(月)

香港デモ1カ月 噴き出す不満のワケ

2019/7/9 4:00
保存
共有
印刷
その他

香港で100万人規模のデモが起きて1カ月、早期に収束するか不透明だ(コラージュ)

香港で100万人規模のデモが起きて1カ月、早期に収束するか不透明だ(コラージュ)

香港で拘束した容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案に反対する100万人規模のデモが起きて1カ月たった。一部の若者は立法会(議会)の建物に突入するなど抗議活動が過激になっている。背景には一国二制度のもとで保障された香港の自由が奪われ、中国にのみ込まれる不安がある。香港デモの経緯と背景をまとめた。

■「逃亡犯条例」改正案、なぜ市民が反発?

「逃亡犯条例」改正案は、香港から中国本土に容疑者を引き渡せるようにする内容だ。中国の司法制度は香港とは異質で、裁判所も中国共産党の指導を受ける。香港市民は共産党に批判的な民主活動家や、中国に目を付けられた企業経営者などが容疑をでっち上げられて、中国に送られるのではないかと懸念している。

香港政府は大規模デモを受けて改正案が2020年7月に廃案になる事実を受け入れると表明した。ただ撤回とは言明せず、いつでも審議を再開できる。デモ参加者は政府自ら取り下げる「完全撤回」を求めている。

■中国化への不安、政治も経済も

一部の抗議活動が過激になっているのは、林鄭月娥行政長官への不信が高まっているためだ。林鄭氏は当初、大規模デモを受けても方針を変えず、多くの人は「香港市民よりも北京(中央政府)の顔色をうかがっている」と感じている。若者らは行政長官を親中派からしか選べない仕組みに問題があると主張し始めた。

底流には経済力を増す中国に取り込まれるとの不安もある。返還22年で中国からの移民や観光客が急増し、香港経済は中国頼みになった。一方、中国マネーで不動産価格が高騰し、住宅を買うのも難しくなっている。若者は自由が奪われ、生活がよくならないと感じている。

■大規模デモ、過激化で岐路に

立法会の議場はデモ隊により一時占拠された(7月1日、香港)

立法会の議場はデモ隊により一時占拠された(7月1日、香港)

条例改正のデモは6月16日に200万人(主催者発表)に達した。1989年の天安門事件の際に起きた150万人規模のデモや、2003年の50万人規模の国家安全条例反対デモを上回り、過去最大になった。

一部の若者らは政府施設を占拠したり、立法会の建物を壊して議場を占拠したりして抗議活動をエスカレートさせている。香港政府は平和的なデモを認める一方で、過激派の刑事責任を追及し始めた。中国政府も「香港の法治を踏みにじる重大な違法行為だ」と批判し、過激化する若者と一般市民の引き離しを模索している。

ただ、政府はデモ参加者の要求にはほとんど応えておらず、民主派が求める対話も拒んでいる。デモが早期に収束するか不透明な面もある。

(香港=木原雄士)

「逃亡犯条例」改正案に反対し、香港中心部をデモ行進する人たち(6月16日、香港)

「逃亡犯条例」改正案に反対し、香港中心部をデモ行進する人たち(6月16日、香港)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。