/

阪和道にカツオ5トン散乱 大阪、保冷車から落下

4日午前9時5分ごろ、堺市美原区の阪和自動車道上り線美原南インターチェンジ付近で「カツオが路上に散乱している」と110番があった。大阪府警などによると、保冷トラックから落下した冷凍カツオ約5トン分が、片側3車線の道路左側に約500メートルにわたって散乱した。

 阪和自動車道上り線に散乱したカツオ=4日午前10時3分、堺市(共同通信社ヘリから)

府警によると、40代の男性運転手は「路上の落下物を避けるためにハンドルを切ったら、後ろの扉が開いた」と話している。約15トン分のカツオを積んで、鹿児島から静岡に向かう途中だった。けが人はいない。

西日本高速道路によると、回収作業などのため、現場付近では最大約6キロの渋滞が発生。カツオは午前11時すぎには片付けられたが、現場には生臭いにおいが漂っていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン