/

経済・憲法など訴え 参院選公示、各党党首ら第一声

(左上から時計回りに)第一声を上げる安倍首相、立憲民主党の枝野代表、国民民主党の玉木代表、社民党の吉川幹事長、日本維新の会の松井代表、共産党の志位委員長、公明党の山口代表

第25回参院選が4日公示され、各党の党首らは各地で第一声をあげた。

安倍晋三首相(自民党総裁)は福島市で憲法改正を念頭に「審議する責任を果たす政党を選ぶか、審議を全くしない政党を選ぶのかを決める選挙だ」と訴えた。公明党の山口那津男代表は神戸市で「少子高齢化を乗り越えるため政治が安定しなければならない。安定のため公明党がなくてはならない」と述べた。

立憲民主党の枝野幸男代表は都内で「暮らしの安心がどんどん壊されてきた。暮らしを守る戦いだ」と語った。国民民主党の玉木雄一郎代表は静岡県掛川市で「家計を豊かにすることで消費を盛り上げる」と話した。

共産党の志位和夫委員長は都内で、公的年金の支給額を抑制する「マクロ経済スライド」の廃止を求めた。日本維新の会の松井一郎代表は大阪市で「身を切る改革」を徹底する考えを強調した。社民党の吉川元・幹事長は都内で「国民の暮らしの安心と平和がかかった重要な選挙だ」と呼びかけた。

第一声を上げる安倍首相(4日午前、福島市)
第一声を上げる公明党の山口代表(4日午前、神戸市中央区)
第一声を上げる立憲民主党の枝野代表(4日午前、東京都新宿区)
第一声を上げる国民民主党の玉木代表(4日午前、静岡県掛川市)
第一声を上げる共産党の志位委員長(4日午前、東京都新宿区)
第一声を上げる日本維新の会の松井代表(4日午前、大阪・難波)
第一声を上げる社民党の吉川幹事長(4日午前、東京都新宿区)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン