2019年9月19日(木)

米政権の壁建設、高裁も国防費流用を認めず

2019/7/4 10:25
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】米連邦控訴裁判所(高裁)は3日、トランプ米政権が国防予算を転用してメキシコ国境に壁を建設する計画の一部を差し止める仮命令を出した。地裁に続いて高裁も、議会の承認を得ずに予算の使い道を変えるのは違法だと判断した。壁建設を柱とする不法移民対策を選挙公約に掲げるトランプ米大統領にとって痛手となる。

メキシコ国境で米国に不法入国した後、難民申請のために列をつくる人たち=ロイター

米メディアによると、西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁が、西部アリゾナ州などにおける壁建設に25億ドル(約2700億円)の国防費を充てるのを阻止した地裁の判断を支持した。政権側は最高裁まで争う構えだが、司法判断が覆るまで、対象となった部分の壁建設を止める必要がある。

トランプ氏は2月、自身が求める壁の建設費を議会が承認しなかったため、国家非常事態を宣言して国防費などから計67億ドルを捻出して壁建設を進めると表明した。野党・民主党の支持者が多いリベラルな州や人権団体が相次いで違憲だと主張して提訴しており、政権は多くの係争を抱えている。

トランプ氏は、メキシコ国境から不法移民が米国に入国するのを阻止するとして壁の建設を2020年の大統領選に向けた看板政策に掲げている。同様の司法判断が相次げば逆風となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。