/

20代が辞めない職場 上司は報告メールもマメに返信

『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 平賀充記氏

「良いチームワーク」は楽しく働くための条件のひとつ。写真はイメージ=PIXTA

「新卒入社から3年で3割退職」には誤解が多い。「これは最近の傾向だ」という捉え方や「若者にこらえ性がなくなった」という見方などがそれにあたる。『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)を書いた平賀充記氏は「ずっと続いている現象。原因を『若者の我慢下手』に求めるのではなく、会社や上司側が歩み寄るべきだ」と説く。上司世代がつかみかねる20代の仕事に対する考え方や、オフィスでの心理状態について平賀氏に教わった。

30年間ずっと放置されてきた「病」

新卒採用に苦労する企業が少なくない。そして多くの企業は、若手社員の「突然の退職」にも悩んでいる。企業の人材担当者から相談を受ける平賀氏のところには「定着促進」につながる対策を求めるコンサルティング依頼が相次いでいるという。「辞めてもらっては困る。どうにかして離職を食い止めたい」というのが人事部の切実なニーズだ。「せっかく育てた若手・中堅を失うのは、それまでに投じた手間やコストを含めて甚大なロス。企業側の本気度が上がってきた」と、平賀氏はみる。

実は、平成の30年間を通じて「3年以内に新卒入社の3割が辞める」という傾向は一貫して変わっていない、と平賀氏は指摘する。「きのうきょうの出来事ではない。ずっと続いてきた課題だ」(平賀氏)。見方を変えれば、30年間にわたって放置され続けてきた「病」ともいえる。最近は団塊の世代が大量離職し、その減少分を補うことができていないために深刻度を増したが、「若者の気質や考え方が突如、変化したわけではない」(平賀氏)というのが実態だ。

若い層が辞めてしまうのは、様々な点で「自分の希望と現実の待遇や環境が折り合わない」と判断したからだろう。彼らなりの真剣な検討の結果なのだから「今どきの若い者は」「我慢が足りない」などと一方的に決めつけていては、事態の好転につながらない。「若い層はその世代ごとの思考があり、容易には変えにくい。むしろ、マネジメント層のほうが進んで彼らに歩み寄るほうが話が早い」と平賀氏は管理職世代が理解することの重要性を説く。

上手に歩み寄るためには、今の20代の思考パターンを知る必要がある。うかつな物言いで「この部長とは絶対に分かり合えない」などと見切られてしまわないためにも、彼らの「好き嫌い」を頭に入れておきたい。たとえば「自分が納得できないことには、強くあらがう性質がある」と平賀氏は分析する。「つべこべ言わず、指示通りにやれ」といった、古い世代にありがちだった命令スタイルはしばしば反発を買う。指示の前提になる説明や納得が抜け落ちているからだ。

「つながり」が思考のベース

しかし、こうした「説明に基づく納得を求める態度」を部下が取ること自体、時に上司の側には「生意気」と映りやすい。腹を立てて部下を怒鳴ってしまったり、成績評価を下げてしまったりすると、部下は傷つき不満を抱えてしまう。若手からすれば当たり前の手順を踏んでほしかっただけなのに、上司は「使いづらい」「文句ばかり」などと受け取る。その結果、ネガティブな誤解を招き溝は深まる。そのまま気詰まりな関係が続くと「認めてもらえない」「居場所がない」という気持ちが「辞めたい」につながっていく。

平賀充記氏

どちらにとっても不幸な、こうした行き違いを避けるには「若い働き手のマインドを上司・マネジャー世代が感じ取ることが現実的な解決につながりやすい」と、平賀氏はアドバイスする。「とにかくやれ」式の理不尽な扱いに慣れていた上司世代とは、20代の感じ方はかなり異なる。この前提を理解しないと水掛け論に終わりかねない。「会社に残ってほしいのなら、若い層に変わることを求めるのではなく上司側が自ら変わるべきだ」と、平賀氏はまずは20代の考え方を受け入れるところから始めることをすすめる。

上司世代は年齢・役職という縦軸を重んじる「タテ社会」になじんでいる。10年、20年と順応してきただけに、タテ意識が自分の思考法のベースにもなっていそうだ。しかし、今の20代は「ヨコ社会の住人。SNSを通じて育んだ『自分たち』というつながりが思考のベースにある」(平賀氏)。立場がフラットなヨコ社会では「上から目線」が嫌われることでも分かる通り、共感やリスペクトが大切とされる。力ずくの横暴は批判の的になる。上司からの「説明なき業務命令」は、これに近い受け止められ方をされやすい。

「会社の常識は世間の非常識」ともいわれるように、企業にはそれぞれの社風や行動様式がある。社内に閉じているともいえるだろう。だが、「スマートフォン世代は感覚的に外の世界とつながっていて、『我が社では』式の内向き思考を狭苦しく感じやすい」という。社内ポストを奪い合う「出世」というシステムもそうだ。上司世代の仕事目標に関して「のし上がっていく意味が分からない」と疑問を覚える人が少なくない。そういう意識を理解しないで「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と説教を垂れるのは、パワーハラスメントと映りかねない。「本人のためを思って」という上司の自己弁護は、部下からの被害申告とむなしくすれ違う。

「ワンピース世代」の特徴とは

バブル期を象徴する広告コピーに、ドリンク剤の「24時間戦えますか」がある。今となっては感覚のずれを禁じ得ないが、上司世代は「24時間は無理」と時間のほうに反応する。一方、20代は「どうして戦う必要があるのか」と戦う行為そのものに懐疑的なようだ、と平賀氏はみる。とりわけ、社内で同僚と競争させられることには抵抗感を覚えやすいのではないか。

1997年から連載が始まった漫画『ONE PIECE(ワンピース)』。22年という連載期間がぴったり重なっているところから、今の20代を象徴する作品といわれる。「ワンピース世代」という言葉すらあるほどだ。「手柄を独り占めせず、仲間と一緒に危機を乗り越えていく登場人物たちに共感する20代は多い」(平賀氏)

「いつかはクラウン」のような右上がりの夢を、「坂の上の雲」として多くの働き手が共有できた時代は去った。社内の忘年会ですら、1杯目がビールでそろわず、カシスオレンジやペリエの注文が混じる時代なのだ。「部下というくくりでいっしょくたに扱われることに抵抗感が大きい。『個』でみてもらいたがる。その期待にこたえられないと、いつまでも距離が縮まらない」と、平賀氏は指摘。「承認欲求や甘えと片付けてしまわないで、時間を割いて丁寧に向き合う必要がある」と、上司の手抜きを戒める。

何でもネット検索で「正解」が見つかる――。こんな風に思い込みやすい一部の20代に対しては、平賀氏は年上の世代への歩み寄りを求める。一方的な命令に聞こえる指示にも、実は貴重な暗黙知が宿っていることは珍しくない。電話の応対術や取引先訪問の手順などがその例だ。過去の経験を踏まえて先輩たちが練り上げてきた一種の「様式美」であり得る。

しかし、「だから、言われた通りにやれ」では若手には伝わらない。「なぜ、こんな手順になっているかといえば~」と上司や先輩がかみ砕いて説明してやれば、20代も納得して従いやすくなる。彼らはむやみと反発したがっているわけではない。求めているのは「説明と納得」なのだ。

暗黙知に終わらせない

かつての上司や先輩から「形」だけを押しつけられた世代には、残念ながらロジックや意義をきちんと説明できない人もいるだろう。「空はなぜ青いの?」と子供に尋ねられて、返答に困ってしまう親のような立場になりかねない。だが、そこで「うるさい」と声を荒らげてしまっては、部下も子供も心が離れてしまいそうだ。暗黙知に終わらせず、意味や効果を調べて説明する態度が「リスペクト」と「信頼」につながる。社内の常識に染まっていないアウトサイダーの知見は、マーケティングの世界では有償で買い求めるほど価値が高い。社内の無駄な慣習を見直したり、有意義な経験値を「見える化」したりするうえでも意味があるから、「うるさい」は禁じ手にするのが望ましいだろう。

旧日本海軍で連合艦隊司令長官を務めた山本五十六の残した「やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ」は人材活用の要諦を示した名言とされる。だが、業務に追われる仕事の現場でそこまで上司が時間を割くのはなかなか難しい。ただし「手取り足取りまではできなくても、基本的な原理を教えたり、貴重なエピソードを自慢抜きで語ったりはできるはず。やはり歩み寄るのは、上司の側からでありたい」(平賀氏)。個々で異なるモチベーションを見極めて適切にプロデュースするのも上司の役割。「出世」「社内評価」などの汎用型ニンジンをぶら下げておけば勝手に走ってもらえたのは、もう昔の話だ。

部下からもらった報告メールに「ありがとう」「後で詳しく」などと短く返信しておくだけでも、部下の疎外感をやわらげる効果は見込める。「既読スルー(メッセージを読んでおきながら、返事をしない態度)に不快感を覚える世代の意識に見合った振る舞いが今の上司には求められている」と平賀氏はいう。「俺は忙しいんだ」と言い訳はしない方が良い。細やかな目配りや親身な心配りが、「突然辞める若者」を増やさないうえでは大事とみえる。問われているのは、上司の側にそうしたマインドセットを用意する企業側の姿勢なのかもしれない。

平賀充記
ツナグ働き方研究所所長。ツナググループ・ホールディングス エグゼクティブ・フェロー。1963年長崎県生まれ。同志社大学卒。88年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)入社。人事部門で新卒採用を担当後、各地域版「FromA」の編集長を歴任。2008年から「タウンワーク」「とらばーゆ」などの全国統括編集。12年リクルートジョブズのメディアプロデュース統括部門担当執行役員。15年にツナグ働き方研究所設立。著書に『非正規って言うな!』など。

なぜ最近の若者は突然辞めるのか

著者 : 平賀 充記
出版 : アスコム
価格 : 1,512円 (税込み)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン