2019年8月23日(金)

IMF、パキスタンに6500億円融資 支援を正式決定

2019/7/4 6:29
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】国際通貨基金(IMF)は3日、パキスタンに約3年間にわたって約60億ドル(約6500億円)の財政支援を正式に決めたと発表した。融資の条件として、エネルギー産業の立て直しなど財政再建に向けた構造改革を求める。パキスタンは中国主導のインフラ事業に絡んで外貨が不足し、財政赤字も膨らんでいた。

IMFはパキスタンへの融資を正式決定した=ロイター

拡大信用供与(EFF)と呼ぶ支援枠を使って39カ月かけて60億ドルを融資する。まず10億ドルを拠出し、その後は定期的に改革の進捗を見極めながら段階的に融資額を増やす。柔軟な為替レートの設定など経済政策の見直しを求め、財政赤字や対外債務の削減を促す狙いだ。

パキスタンは中国の広域経済圏構想「一帯一路」に関連するインフラ整備事業で貿易赤字が膨らみ、外貨準備高が不足している。政府債務は国内総生産(GDP)比の7割超に達しており、現政権は抜本的な経済見直しの必要に迫られていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。