/

米ビームサントリーのバーボン貯蔵庫で火災

【ニューヨーク=中山修志】サントリーホールディングス傘下の米蒸留酒大手ビームサントリーのケンタッキー州の貯蔵庫で2日、火災が発生した。地元消防当局によると倉庫1棟が倒壊し、1棟の外部が焼けた。貯蔵していた約4万樽(たる)のウイスキーが焼失したとみられる。

火災があったのは世界最大のバーボンウイスキー「ジムビーム」などを製造する蒸留所の貯蔵庫。落雷が原因とみられている。

サントリーによると、ビームサントリーは100以上の倉庫に約400万樽のウイスキーを貯蔵しており、事業への影響は軽微という。被害額が数億ドル(数百億円)にのぼる可能性があるとの米報道もあったが「燃えた樽は熟成年数が比較的若いもので、損害は限定的だ」(サントリー)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン