2019年7月22日(月)

新暗号技術23年メド採用 量子コンピューターでも難解
政府、中央省庁データなどに

経済
ネット・IT
2019/7/3 22:00
保存
共有
印刷
その他

中央省庁の機密情報が海外などに漏れるのを防ぐ

中央省庁の機密情報が海外などに漏れるのを防ぐ

政府は2023年をめどに中央省庁のデータのやりとりなどに新たな暗号技術を採用する。近い将来に実用化が見込まれる高性能の量子コンピューターでも解読が難しい暗号を使い、機密情報が海外などに漏れるのを防ぐ。総務省と経済産業省が検討会を立ち上げ、有効な技術を調べ始めた。金融機関など民間企業も政府が採用する暗号を参考にする見通しだ。

政府は機密データの保存や通信の際に暗号をかける。安全性の高い暗号技術を03年に「推奨リスト」としてまとめ、13年に最新技術に入れ替えた。各省庁はこれらの技術を組み込んだシステムを構築している。23年に再びリストを更新する。

次期リストには超高速で計算ができる量子コンピューターに対応した暗号を初めて盛り込む方向で検討を始めた。処理能力は既存のスーパーコンピューターの1万倍とも1億倍ともいわれる。現在使われているパスワードなどは、量子コンピューターを使えば数秒で解けるとの見方がある。

総務、経産両省が共同で設置した検討会は大学教授や機器メーカー、日銀の関係者らが参加する。23年に向け、役立ちそうな技術を絞り込む。

新たな暗号の候補には「格子暗号」や「多変数多項式」と呼ばれる複雑な数学の問題を解かせる技術が挙がる。米国の国立標準技術研究所(NIST)も選定を進めており、日本政府は米国の動向も参考にする。

量子コンピューターの開発は中国などが先行しているとされる。中国などのハッカーが日本政府や企業の機密情報を盗んで解読すれば、安全保障上の脅威にもなる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。