日韓企業とも身構え 輸出規制4日に発動

2019/7/4 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が韓国への半導体材料の輸出規制を厳しくする措置が4日から発動され、日韓の企業が対応を急いでいる。韓国企業は材料の在庫を集め、日本の素材メーカーは新たな審査の対策に追われる。今回の対象品目は日本が高いシェアを握るが、韓国政府は国産化を支援する方針を打ち出した。中期的に日本企業の競争力に影響が出る可能性がある。

【関連記事】半導体の国際供給に影響も、対韓輸出規制

規制強化の対象になるのは、半導体やディスプレーの材料となるレジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)、フッ化ポリイミドの3品目。政府はこれまで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]