2019年8月24日(土)

アウディ最上級SUV「Q8」 高級感あるデザインに

2019/7/3 20:01
保存
共有
印刷
その他

アウディジャパン(東京・品川)は3日、多目的スポーツ車(SUV)に最上級モデル「Q8」を追加し日本で初公開した。クーペをイメージしたスポーティーな外観で、四輪操舵(そうだ、AWS)システムや「マイルドハイブリッド」を採用するなど最新技術を搭載し走行性能を売りとする。SUV人気を背景に高級モデルの追加で富裕層を開拓する。

最上級SUV「Q8」を発表するアウディジャパンのフィリップ・ノアック社長(3日、東京都江東区)

既に受注を開始しており、9月3日から正規販売店を通して発売する。価格は税込み992万円から。

3日に都内で開かれた発表会でアウディジャパンのフィリップ・ノアック社長は「力強い走行性能を持ちながら、デザインはエレガントで洗練されている。デザインにこだわるSUVが好きな顧客に受け入れられる」と力を込めた。

3リットルのV型6気筒ガソリンエンジンを搭載。マイルドハイブリッドと呼ばれる48ボルトの電源システムにより、100キロメートルの走行で最大700ミリリットルの燃料削減効果を生み出すという。スムーズな加速など走行性能にも貢献する。

デザインはクーペをイメージし、高級SUV「Q7」よりも車高を30ミリメートル低く設定した。車体後方に向かって流れるような曲線を持たせ、スポーティーかつ優雅な印象を持たせた。

安全支援機能も充実した。オプションで最大22個までのレーダーやカメラなどセンサーを搭載することができる。アウディで初めてドライバーが運転できなくなるなど緊急時に、走行車線内に自動的に停止するシステムを選択できるようにした。(為廣剛)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。