坂東太郎、イチゴ生産参入 スイーツ強化や障害者支援

2019/7/3 19:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食チェーンの坂東太郎(茨城県古河市)はイチゴ生産を始める。地域の特別支援学校の生徒にも栽培に携わってもらい、1年目は約7000キログラムの収穫を見込む。自社運営の店舗で提供するスイーツメニューで使うほか、店頭での販売も計画する。将来は観光農園として整備し、地域住民や観光客の交流の場として活用していきたい考え。

同社の本社に隣接する農地を借り、7月中にもビニールハウス3棟(敷地面積約1000平方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]