2019年9月19日(木)

ベトナム観光大手TMG、航空事業に単独参入
エアアジアと合弁白紙で

アジアBiz
2019/7/3 19:54
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=大西智也】ベトナム観光大手のティエンミン・グループ(TMG)は単独で航空事業に参入する。このほど旅客や貨物の運送などを目的とする新会社を設立。近く当局に運航申請するとみられる。同社はマレーシアの格安航空会社(LCC)大手、エアアジア・グループと共同で航空事業に参入する計画が破談となり、動向が注目されていた。ベトナムの航空業界の競争が激化しそうだ。

TMGは当初エア・アジアグループとの合弁を計画していた=ロイター

3日までに現地メディアが報じた。会社名は「ティエンミン航空」で、TMGのチャン・チョン・キエン会長兼最高経営責任者(CEO)ら経営陣が7割、グループ会社のティエンミン観光が3割出資した。航空事業への参入により収益源の多角化につなげる。

TMGは2017年3月にエアアジアと共同でベトナムの航空市場に参入すると表明。18年末には19年中にも第1便を就航させる考えを明らかにした。しかし今年4月に両社の合弁計画が白紙となり、TMGは戦略の見直しを迫られていた。

TMGは1994年設立。観光地でリゾートホテルを運営し、旅行予約サイトや遊覧飛行事業も手掛ける。ベトナムは既に大手5社が航空事業を展開しており、競争が激化している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。