/

この記事は会員限定です

映画監督・兼重淳氏 全ロケ群馬で故郷に錦

人物ファイル

[有料会員限定]

群馬県ですべて撮影した映画「泣くな赤鬼」が全国の劇場で上映中だ。メガホンを取ったのは前橋市出身の兼重淳監督。高校の野球部監督とかつての教え子との絆を描いており、「映画を見た人々の背中を押すような作品に」との思いを込めたと話す。

映画の原作は直木賞作家、重松清氏の短編小説。鬼のように厳しい指導から「赤鬼」と呼ばれた高校教師が、再会した余命半年の元生徒の願いをかなえようとする物語で、2018年8~9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン