2019年9月18日(水)

熟練の技をAIで可視化 LIGHTz、佐賀で技術継承

2019/7/3 19:41
保存
共有
印刷
その他

人工知能(AI)開発などを行うLIGHTz(ライツ、茨城県つくば市、乙部信吾社長)は、佐賀県に進出し、有田焼などの名工の知見を取り入れたAIシステムの開発を行う。熟練者が持つノウハウや洞察の視点を可視化して、次世代への技術継承につなげる。

2日に佐賀県有田町、3日に佐賀市と進出協定を結んだ。有田町は窯業技術のデータを集積する拠点として、佐賀市はソフトを作り込む拠点と位置づけ、10月に操業する予定だ。まず、製造工程全体を把握し細かい技術にも詳しい熟練者から聞き取りを行い、その言葉をAIで解析。対話から抽出されたキーワードの関連性を表示して熟練者の思考回路を可視化する。

乙部社長は「1年後をメドに、どうしてそうなったのか(不具合などの)メカニズムを若手が検索できるようにしたい」と話した。今後、岩手県の南部鉄器の技能継承の支援も検討するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。