経産省支援のJスタートアップ 、目指すは世界市場

2019/7/4 4:30
保存
共有
印刷
その他

経済産業省はグローバルで成長する日本のスタートアップ企業を支援する事業「J-Startup(Jスタートアップ)」の支援対象で新たに49社を選んだ。日本では起業家を支える資金は増えているが、世界で活躍する企業は少ない。「2023年までに(企業価値10億ドル以上となる)新興企業20社創出」という目標に向け、海外機関や大企業と連携を強める。

■米国の家電見本市にブース

「大企業には多くの人材や資金、機会…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]