ギフトのリンベル、サクランボ取扱高急伸 品質管理を徹底

2019/7/3 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サクランボの生産が全国トップの山形県で収穫が終盤に入った。贈答需要が重要となる市場で、カタログギフト大手のリンベル(東京・中央)がその取扱高を急速に増やしている。ゆうパックを通じ、やや値ごろ感のあるバラ詰め品の扱いを始めたことが要因だが、地元JAの協力で品質管理を徹底したことも背景にある。

サクランボの雨よけハウスが並ぶ山形県寒河江市の一画にあるJAさがえ西村山の倉庫。リンベルの専用ラインでは社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]