/

経産省が小型モビリティー試乗会、高齢者事故削減へ

経済産業省は3日、電動車いすなど小型モビリティーの展示・試乗会を省内で開いた。高齢ドライバーによる死亡事故が相次いでおり、クルマ以外の新たな移動手段を周知する狙いだ。自動車メーカーやスタートアップが開発する最新機種が一堂に会し、高齢者やビジネスパーソンらが開発者の説明を聞いたり実際に試乗したりしていた。

高齢者らは電動車いすなどに試乗し、使い勝手を確認していた(3日、東京都千代田区の経済産業省)

会場では、電動車いすや電動キックスケーターのほか、1人乗りや2人乗りで短距離移動に使う小型モビリティーが集められた。トヨタ自動車の担当者が来場者に、2人乗りの小型電気自動車(EV)や立って乗るタイプのEV、手動の車いすに連結して電動化するユニットなどを紹介した。

一方、ヤマハ発動機が披露したのは開発中の電動車いす。4つの車輪にサスペンションがついており、段差があっても座面を傾けずに乗り越えられるという。

高齢ドライバーによる事故を受けて運転免許の返納者が増えるなど、新たな移動手段のニーズは高まる見通し。家族で会場を訪れて試乗していた、さいたま市に住む女性(68)は「いまは電動アシスト付き自転車で移動しているが、体力的に難しくなったら使ってみたい」と話していた。参加者からは前向きな意見が多かった一方、「将来必要になると思うが、うちの玄関には置けるスペースがない」と心配する声も聞こえた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン