韓国政府、WTO提訴へ検討本格化 日本の輸出規制

2019/7/3 19:30
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】日本が韓国に対し、半導体材料などの輸出規制に踏み切る問題について、韓国産業通商資源省は3日、対抗策を取るための具体的な作業に着手したと、同省の関係者が明らかにした。世界貿易機関(WTO)に提訴を検討しており、「日本の措置はWTOが厳しく禁止する輸出統制に該当する」と主張している。

【関連記事】日韓企業とも身構え 輸出規制4日に発動

康京和外相は3日の韓国国会で日本の輸出規制強化措置を批判した(写真は2日にソウルで開かれた国際会議=共同

康京和外相は3日の韓国国会で日本の輸出規制強化措置を批判した(写真は2日にソウルで開かれた国際会議=共同

産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は3日から予定していた海外出張を急きょ取りやめた。提訴に向けた準備とみられる。

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は3日の国会で「不合理で常識から外れた措置だ」と述べた。日本の措置は日韓で立場の異なる元徴用工問題をめぐる「報復」との見解を改めて示した。その上で「第三国にも不利益が及ぶ問題なので、そうした国と連携して対処していく」と語った。

韓国から半導体メモリーを調達するIT(情報技術)企業が多い米国などの国を想定している可能性がある。

【関連記事】
半導体の国際供給に影響も、対韓輸出規制
対韓輸出規制「当然の判断」「WTOに違反せず」 安倍首相
韓国政府が撤回要請 長嶺駐韓大使に抗議
日韓対立、袋小路に 元徴用工訴訟で対応迫る
韓国への輸出規制を強化、政府発表 韓国は対抗措置も
日本製鉄の資産現金化、越年も 原告弁護団が発表
対韓輸出規制 恣意的運用の恐れ
報復の連鎖に「勝者」はいない
[社説]元徴用工巡る対抗措置の応酬を自制せよ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]