/

この記事は会員限定です

ヤフー、「信用スコア」炎上で損ねた信用

証券部 斎藤正弘

[有料会員限定]

ヤフーが「データエコノミー型企業」への脱皮に苦しんでいる。7月から始めた信用スコア事業を巡り、ネット上で「個人情報が勝手に外部に提供される」という観測が広まり、川辺健太郎社長が交流サイト(SNS)上で釈明する事態となった。2020年3月期はスマートフォン(スマホ)決済「PayPay(ペイペイ)」への先行投資をこなして4年ぶりの最終増益を目指すが、ビッグデータの収益化のカギを握る新事業は出だしでつま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン