2019年8月25日(日)

百度、世界10社と連携、自動運転の安全面で、トヨタとはバス共同開発

2019/7/3 18:13
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】中国インターネット大手の百度(バイドゥ)は3日、独フォルクスワーゲン(VW)や米インテルなど世界大手企業10社と自動運転の乗用車の安全性を高めるための開発やテストでの連携を始めたと発表した。百度は自動運転の開発連合「アポロ計画」にトヨタ自動車が加わり、両社で自動運転バスを共同開発することも発表。世界大手企業との相次ぐ提携で技術開発を加速する。

百度はトヨタと自動運転バスを共同開発すると発表した(3日、北京)

百度が10社と始めたのは、自動運転の乗用車の安全性向上に関する開発やテストなどに関する取り組み。今後の連携に向け、11社の専門家46人の意見を集約した報告書をまとめた。百度の自動運転開発プロジェクトは中国政府の支援を受けており、中国の自動運転に関する安全基準作りに影響を与える可能性もある。

自動車メーカーではVWと傘下のアウディ、独BMW、独ダイムラー、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)、部品では米アプティブ、独コンチネンタルが参加。欧州地図大手ヒアテクノロジーズ、米インテル、独インフィニオンテクノロジーズも名を連ねた。

百度は3日、トヨタの「アポロ計画」参画と、両社による自動運転バスの共同開発についても発表。トヨタの移動サービス用自動運転車「イーパレット」にアポロで開発したソフトを搭載する計画としており、両社は自動運転領域での連携拡大を模索する方針だ。

百度は中国国有自動車大手の中国第一汽車集団と連携し、特定の場所などの条件下で自律的に目的地まで走行する「レベル4」の乗用車の量産を始めたことも明らかにした。年末までに湖南省長沙市で始めるロボタクシーで使うという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。