LIXILはどこで間違えたのか?
トップ決める社外取締役 株主が監視

法務インサイド
2019/7/8 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トップ人事を巡る混乱が続いていたLIXILグループの定時株主総会で、復権を目指した瀬戸欣哉氏ら株主側が勝利した。株主側が提案した8人の取締役候補は全員選任されたのに対し、会社側の候補は6人にとどまり、取締役会の過半を制するに至らなかった。万全の準備で臨んだはずの会社側はどこで間違ったのか。

■国内外の投資家 自ら判断

「結果は予想通り」。企業のガバナンス分析が専門のジェフリーズ証券のズヘール・カー…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]