/

この記事は会員限定です

LIXILはどこで間違えたのか?

トップ決める社外取締役 株主が監視

[有料会員限定]

トップ人事を巡る混乱が続いていたLIXILグループの定時株主総会で、復権を目指した瀬戸欣哉氏ら株主側が勝利した。株主側が提案した8人の取締役候補は全員選任されたのに対し、会社側の候補は6人にとどまり、取締役会の過半を制するに至らなかった。万全の準備で臨んだはずの会社側はどこで間違ったのか。

国内外の投資家 自ら判断

「結果は予想通り」。企業のガバナンス分析が専門のジェフリーズ証券のズヘール・カーン調査部長は笑みを浮かべる。総会前には株主側が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン