プリンスホテル、初の会員制ホテル 軽井沢で

2019/7/3 17:31
保存
共有
印刷
その他

西武ホールディングス(HD)傘下のプリンスホテルは8日、軽井沢に同社初となる会員制ホテルを開業する。会員権は1口あたり393万円(預託金込み)からで、戸建ての「ヴィラタイプ」は1口1338万円。今後は全国のプリンスホテル所在地を中心に遊休地を活用し、会員制ホテルを20カ所に増やす。

プリンスホテルが8日に開業する会員制ホテル「プリンス・バケーション・クラブ ヴィラ軽井沢浅間」

会員制ホテル「プリンス・バケーション・クラブ」の第1号施設として展開する。約25億円を投じて「軽井沢 浅間プリンスホテル」の敷地内にヴィラタイプの会員制ホテルを15棟開業し、同ホテルの客室48室も改装して会員制ホテルに転用する。

西武HDの後藤高志社長は「会員制ホテルで、国内のアクティブシニアや富裕層を取り込みたい」と語った。西武HDは18年に会員制ホテル事業で東急不動産と提携した。会員権の販売は一部、東急不動産グループの東急リゾート(東京・港)に委託する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]