度数自在のレンズ、小児弱視の治療期間 最大4分の1に
光学スタートアップのエルシオ 監視カメラなどにも

2019/7/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

光学スタートアップのエルシオ(大阪市)は度数を自在に変えられるレンズを開発した。電圧をかけ、光の進み方を変える。小児弱視の治療期間を最大4分の1にできる眼鏡やズーム機能付きのカプセル内視鏡、監視カメラの小型化などの実現につながる。関西発の技術が生活に身近な分野から工業用途まで幅広く使われる可能性がある。

同社は大阪大学の研究者でもある渋谷義一代表らが設立した。開発した「フレネル型液晶レンズ」の内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]