相鉄、「そうにゃん」の知育玩具発売

2019/7/3 17:00
保存
共有
印刷
その他

相鉄グループの相模鉄道は3日、マスコットキャラクター「そうにゃん」をモチーフにした知育玩具2種を10日から売り出すと発表した。3台セットの木製のミニカーなど2種類で、横浜駅に直結する高島屋横浜店(横浜市)や二俣川駅(同)駅構内の店舗で取り扱う。地元の子どもにキャラクターなどに愛着を持ってもらう狙いだ。

相鉄のキャラクター「そうにゃん」を使った木製の知育玩具を発売する

「そうにゃん木製パズルカー」(4620円)、「そうにゃん木製ミニカー」(1020円)の2種をいずれも1000個限定で販売する。パズルカーは、円柱や三角柱のパズルをはめ込む「パズルボックス」に車輪やひもをつけて引っ張れるのが特徴だ。

知育玩具は木製玩具メーカーのニチガン(東京・豊島)が製造し、木のぬくもりを感じつつ、色や形を覚えることで想像力や集中力を育めるという。高島屋横浜店では10日、二俣川駅構内の店舗では8月から取り扱う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]