/

この記事は会員限定です

1日800個握るおにぎり 味の決め手は大粒のコメ

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

神戸市のJR灘駅から歩いてすぐのところにあるおにぎり専門店「ONIGIRI ICHIGO」。鈴木貴之さんが炊飯器のご飯をつかむと、150グラムにほぼぴったり。手が重さを覚えているのだ。慣れた手つきで素早く握り、ノリを巻いて完成だ。

「自分くらいたくさんのおにぎりを握った男性はかなり珍しいと思います」。1人で店を切り盛りしていたころのことを、鈴木さんはそう振り返る。1日に握った数は多いときで400~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1944文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン