/

この記事は会員限定です

豊田通商、アフリカで小型発電所 米新興に出資

[有料会員限定]

豊田通商はアフリカで電力のない地域を対象にした小型発電所事業に参入する。このほど出資した米スタートアップと組み、太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、集落単位で電力を供給するサービスに乗り出す。まずケニアから顧客を開拓し、周辺国にも広げる。

米国のパワーハイブ社の第三者割当増資に応じて出資した。豊通の出資比率は約10%となる。

同社はケニアの非電化地域で太陽光発電システムと蓄電池を設置し、周辺の複数の家や企業に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン