/

東京のタクシー運転手、高齢化に歯止め

東京のタクシー運転手の高齢化の進行に歯止めがかかっている。東京ハイヤー・タクシー協会(東京・千代田)によると、2018年度末時点の東京都の法人タクシー乗務員の平均年齢は58.2歳で1年前から0.2歳若返った。若返りは2年連続。大手が新卒採用の拡大に動く中、車両台数の抑制など規制強化で平均年収が上昇し、若手獲得につながっている。

東京のタクシー運転手の平均年齢は00年度の52.1歳から16年度に58.6歳に上昇した。運転手になるには免許取得から3年以上が必要で、採用は中途が中心で高齢な離職者の受け皿となっていた。だが大手が新卒採用を拡大して潮目が変わり始めた。

IT化によるイメージ向上でタクシー運転手の年齢層が若返っている。

日本交通は13年に6人にすぎなかった新卒採用を16年には143人と大幅に拡大。その後も毎年150人前後の新卒採用を続けている。東京全体でも14年から19年までの6年間で新卒ドライバーの累計採用人数は1793人と拡大傾向だ。

タクシー運転手は勤務日と休日を交互に繰り返す隔日勤務になることが多く、ワークライフバランスを重視する若者から支持を得ている。

規制強化の動きも後押しする。08年に国土交通省が新規参入を抑える通達を出した結果、ピークの08年度に3万7671台あったタクシー台数は18年度に3万768台に減った。リーマン・ショックや東日本大震災を経て景気も回復し、10年に348万円まで低下した東京のタクシー運転手の平均年収は18年には470万円に上昇した。

ここにきて若手運転手を支援する動きが、存在感を高めつつあるタクシーの配車アプリで進んでいる。ディー・エヌ・エー(DeNA)が展開する配車アプリ「MOV(モブ)」は、AIを活用したドライバー向けの効率的な乗客獲得システムの開発を進めている。

東京のタクシーは9割以上がいわゆる「流し」による客で占められている。経験不足の若手タクシードライバーは乗客を見つけにくく収入が抑えられがちだ。

DeNAによると、ドライバーの生産性の差は高いドライバーと低いドライバーで約2倍にも達するという。

MOVは過去のデータや気象、イベントの情報から見込み客が多い地域を地図上に表示、さらにどんなルートを通れば最も多くの客を拾えそうかナビゲーションするシステムを開発している。同社は「ながしの効率性を上げることがタクシー業界全体の生産性向上につながる」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン